スポンサーリンク


2011年10月2日

【備蓄王のすべて】5年間 保存できる無洗米(味、評判、通販)

【備蓄王とは】

備蓄王は、その名のとおり、備蓄用のお米です。保存期間は5年間。なぜ長く保存できるかというと、「冬眠米」という状態であるためです。米袋を密閉する際、中の酸素を炭酸ガスに置き換えます。これでコメの呼吸をおさえ、米を冬眠状態にできるのです。

炭酸ガスを利用することで、虫の発生をおさえることができます。炭酸ガスには殺菌効果もあるため、鮮度が保てるだけでなく、虫の心配をしなくて大丈夫です。


【常温保存】

備蓄の強みは、常温保存ができること。従来の白米や玄米の保管は、低温にすることが常識でした。しかし、備蓄王は常温で5年間の備蓄ができるのです。ただ、味の方は、ネット上の口コミ・評判を調べてみますと、「まずくはないけれども、飛びぬけておいしい、ということもない」という意見が目立ちます。


【最強のセシウム・放射能汚染対策】

備蓄王は、福島原発事故の後、セシウム汚染対策で注目を集めました。もし米の放射能汚染が長期化すると、古米を長期保存することが対策のひとつになります。ネルパックを使った保管方法ですと、保存期間は1年程度とされていました。しかし、備蓄王であれば、BG無洗米を5年間備蓄できるのです。

商品力のある備蓄王ではありますが、人気があるために入手困難です。売り出しとともに売り切れになることが多いのです。


【関連記事】

【出荷断念】500ベクレルの放射能汚染米(福島・二本松市)
【新米の放射能】群馬・渋川市61、福島・二本松市500ベクレル(セシウム)
【食べ続けたら3年で死?】500ベクレルの食品(放射能 新米 福島)
栃木、宮城の新米からもセシウム検出(米,放射能)
【水戸市の米からセシウム】茨城県の新米 放射能 検査(茨城,水戸)
【宮城県の米】放射能 検査不検出。検出限界(定量下限値)は?