スポンサーリンク


2013年4月17日

【10万円もらえる?】ハローワーク 職業訓練校の英語・英会話講座とは

ハローワークの職業訓練校に英語・英会話教室ってあるの?

*2016年7月13日 更新版。

公的機関の職業訓練には、英語関係の講座もあります。また、職業訓練のうち、求職者支援訓練の場合、「月収8万円以下」といった条件に合致すると、月々10万円の給付金をもらいながら訓練を受けることができます。

ただ、職業訓練ということで、英語や英会話自体を学ぶというよりは、「英語を使った仕事について学ぶ」という色彩が濃いです。また、「英語を使った仕事」ということで、ある程度の英語力があることが前提という場合が多いようです。


英語関係の職業訓練の例

調べてみますと、たとえば、次のような講習会や職業訓練校が見受けられます。この訓練は、おもに、行政が民間の資格取得学校や一般企業に委託する形式(委託訓練形式)で開講されています。

〇 奈良県のこども英語講師養成講座の例

・想定する仕事
 英会話教室講師、学習塾教師、児童英語講師
・訓練内容
 児童英語講師に必要な各種スキルを養成する。英会話力の向上、音声面の知識習得と実践、英語指導法の習得と実践、児童への接し方、異文化理解教育の知識と実証、教室運営全般に関する理解等の訓練。
・訓練期間及び訓練時間
 平成28年8月15日~平成28年12月14日 (4か月)
 9:30 ~ 15:55
・自己負担額
 ¥15,000
 (交通費が別途発生する場合があります。)
・募集定員
 15人
・訓練対象者の条件
 簡単な日常英会話はある程度話せる方。(英検準2級以上程度の語学力) 
・訓練実施施設
 ハヤ イングリッシュアカデミー
・訓練実施施設の所在地
 奈良県北葛城郡王寺町王寺

〇 東京都の医療通訳士養成講座の例

・職業訓練校     CoolWorldExpo株式会社
・訓練科名       医療通訳士養成(英語圏・夜間)科
・訓練期間月数   6ヶ月
・訓練期間       平成26年6月9日 ~ 平成26年12月8日
・訓練時間帯     16:10 ~ 21:10 ※主な訓練時間帯
・募集定員       15人
・受講者の条件(対象、受講要件) PC入力操作が出来、英語・日本語の読み書きに支障のない(英語検定2級及び、日本語検定試験合格者とおおむね同等)程度の語学力がある方。
・訓練目標       医療と異文化体験を融合したサービス提供の知識・技能を習得し、医療通訳士等としてのスキルを身につける。
・対象資格(任意受験)
 医療通訳士
・訓練内容       医療通訳士概論、医療生命科学、医療知識1~7、医療ツアー基礎及び実践演習、医療通訳演習1~7、医療事務の基礎及び演習、医療通訳関連演習(PC)他
・自己負担額     13,857円
 *交通費が別途必要になる場合があります。
 *消費税率引上げにより金額に変更が生じる可能性があります。
・訓練実施施設名 CoolWorldExpo株式会社 東京通訳アカデミー
・実施施設所在地 東京都千代田区神田小川町
・想定する仕事    医療通訳士(通訳ガイド)

〇 愛知県のこども英語講師養成講座の例

・職業訓練校    コスモペース株式会社
・訓練科名      こども英語講師養成科
・訓練期間月数  3ヶ月
・訓練期間      平成25年3月14日 ~ 平成25年6月13日
・訓練時間帯    9:30 ~ 16:00 ※主な訓練時間帯
・募集定員      20人
・受講者の条件(対象、受講要件) TOEIC500点以上
・訓練目標      児童英語講師及びアシスタントの仕事に従事できるよう、英語の教授法や児童心理の基本知識を身につけた上でこども英語講師や小学校英語活動アシスタントができるようになる。
・訓練内容      児童英語講師に必要な心構え、仕事の理解、英語教育の歴史と変遷、児童心理、第二外国語習得教授法、実際のレッスンを想定したレッスン計画作成・カリキュラム作成、年間を通したカリキュラムの作成
・自己負担額     14,750円
・訓練実施施設名 コスモグローバルコミュニケーションズスクール
・実施施設所在地 愛知県名古屋市中区金山
・想定する仕事    各種学校教員(こども英語講師)、小学校英語活動アシスタント

〇 兵庫県のこども英語サポーター養成講座の例

・職業訓練校     株式会社ビジョンクエスト
・訓練科名       こども英語サポーター養成科
・訓練期間月数   4ヶ月
・訓練期間       平成26年3月14日 ~ 平成26年7月11日
・訓練時間帯     9:40 ~ 16:10 ※主な訓練時間帯
・募集定員       30人
・受講者の条件(対象、受講要件) 特になし
・訓練目標       保育園、幼稚園の園児~小学生の児童に英語を教える方法や児童心理の基本知識を学び英語指導者や英語活動アシスタントとしての能力を身に付ける。
・対象資格(任意受験)
 保育英語検定3級(任意受験・認定機関:社団法人保育英語検定協会)
・訓練内容       児童英語の基礎、教室運営概論、非言語コミュニケーション概論、フォニックス概論及び実践、絵本指導概論、児童英語指導能力概論及び実践、教案作成、模擬授業(初級・中級)
・自己負担額     15,000円
・訓練実施施設名 ビジョンクエスト神戸校
・実施施設所在地 兵庫県神戸市中央区多聞通
・想定する仕事    児童英語教師(各種学校)


求職者支援訓練とは

離職中の社会人で、失業保険の給付資格がない人向けに行われています。
受講条件や受講生募集講座は、次のHPなどで調べます。検索の際の訓練の種類は「その他の分野」です。

(検索ページ)
・求職者支援訓練認定コース情報検索システム
  http://nintei.jeed.or.jp/kyushokushien/search/

検索ページでは、地域ブロック別・都道府県別に、求職者支援制度の講座が探せるようになっています。

地域ブロックは、次の10コです。

・北海道    北海道
・東北地方  青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
・関東地方  茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
・北陸地方  新潟県、富山県、石川県、福井県
・中部地方  山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
・近畿地方  滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
・中国地方  鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
・四国地方  徳島県、香川県、愛媛県、高知県
・九州地方  福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
・沖縄     沖縄県


職業訓練受講給付金の条件

月々10万円の給付金をもらうための条件は、次のとおりです。

・本人収入が月8万円以下
・離職中(求職中)である
・雇用保険をもらう資格がない
・世帯全体の金融資産が300万円以下
・世帯全体の収入が年間300万円以下
・現住所以外に土地・建物を所有していない
・同世帯の中に同時にこの給付金を受給している人がいない
・すべての授業に出席(やむをえない場合でも8割以上出席)
・過去3年以内に、不正な行為により給付金の支給を受けていない
・ハローワークで職業相談を受ける
・過去に給付金をもらった場合、受給から6年以上経過している

職業訓練受講給付金については、次の記事でまとめています。

【条件まとめ】 職業訓練受講給付金 (求職者支援訓練)


その他の訓練

主として離職中の社会人対象に行われている訓練には、公共職業訓練というものもあります。こちらも、英語そのものというより、英語を使った訓練が少数実施されているという感じのようです。また、募集自体、かなり少ないと思います。

(検索ページ)
・厚労省のHP:公共職業訓練の検索ページ
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/jarnal/tokusyu/2009_04.html


窓口など

職業訓練の窓口はハローワーク(職安)です。詳細については、ハローワークに直接問い合わせるのが手っ取り早いです。

(参考)
・全国のハローワークの場所と電話番号
  http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

以上、職業訓練についてまとめてみましたが、英語関係の講座は数が少ないです。加えて、受講に際しては面接などが課され、かならずしも全員が受講できるとは限りません。ですので、有料の英会話学校や資格取得スクールも選択肢に加えておくことをおすすめします。

私の場合は、学校に通う時間がないため、車の中で聞き流し学習をしています。あらかじめ日本語訳を読み、単語・熟語をだいたい頭に入れてから繰り返し聞くと効果的だと感じます。


facebookページのご案内

facebookページも開設しています。よろしければのぞきに来てくださいね。

(facebook)
ゼロからわかる職業訓練


関連記事

【入門】 求職者支援訓練 公共職業訓練 【ハローワーク】