スポンサーリンク


2014年6月27日

【TAC vs 大原】 中小企業診断士講座を比較 (口コミ・評判)

■TAC vs 大原 中小企業診断士講座

中小企業診断士試験対策講座で知られるTAC(タック)と資格の大原。今回の記事では、両校に電話で聞いたことも踏まえて、診断士講座の特色や、口コミ・評判についてまとめました。


■合格者数ならTAC?

合格者数はTACが際立っているようです。TACの公式ページによれば、2013年度(平成25年度)の合格者数は 236名

2013年の2次の全体の合格者数は910人。なので、本当だとすれば、25・9%がTAC卒業生合格者の4人に1人がTACの講座受講生だったということになります。

TACの合格者数については、当ブログの次の記事でまとめています。

合格者の4人に1人がTAC中小企業診断士受講生?(口コミ・評判)

大原には電話で聞いてみたのですが、「大原の中小企業診断士の合格者数は非公表」とのことでした。


■TACの診断士講座の特色は?

電話でTACに聞いてみたところでは、「充実したテキスト」が特色。かなり自信があるそうです。また、「失点しにくい答案の書き方指導」も強みとのことでした。

ブログの口コミ情報ですと、「TACは校舎がキレイ」との情報もあります。

記事によれば、TACは上場企業で、資格系の学校の最大手。TACは資金力があるので、渋谷に大きな自社ビルがあるのだそうです。そのため、渋谷校に限れば、女子は、他校ではなくTACに通う傾向があるのだとか。

(参考)
TAC vs. 大原の比較検討:ゼロから始める公認会計士への道

「1・2次ストレート総合本科生」(全98回)の場合、通学・通信などの形式があり、2014年度の受講費用は以下のとおりです。

・通学講座      :290,000円
・Web通信講座 :290,000円 
・DVD通信講座 :311,000円

TACの診断士講座については、当ブログの次の記事でも取り上げています。

【2014年版】 TAC 中小企業診断士講座 【特色,口コミ・評判】


■大原の診断士講座の特色は?

電話で大原に聞いてみたところでは、「財務・会計のコマ数が多いこと」が特色。

また、「アウトプット学習」も強みとのことでした。科目が終わるごとにアウトプット学習(答練)があり、全科目終わるとまたアウトプット。その後演習に入るという話でした。

電話では、「1次・2次ストレート合格コース」を受講する人が多いとのこと。このコースの場合の受講料は次のとおりです。

〇 2014年5月~8月入学の場合の料金

・通学講座: 252,000円
・通信講座
  DVD: 283,000円
  WEB: 252,000円

Yahoo!知恵袋でチェックしてみますと、「中小企業診断士は、経営コンサルタント系の資格なので、大原かTACといった会計系が強い学校がいい」といった趣旨の投稿などがあります。

大原の診断士講座については、当ブログの次の記事でもあつかっています。

【2014年版】 大原 中小企業診断士講座 (特色,口コミ・評判)


■TACと大原以外にはどんな講座があるの?

通学・通信両方のコースがあるスクールとしては、TACや大原のほか、「LEC」(レック)、「TBC」といった学校もあります。

通信ですと、「日本マンパワー」や、「ユーキャン」「中小企業診断士 通勤講座」などがあります。

通信講座については、当ブログの次の記事でまとめています。

【2014年版】 中小企業診断士 通信講座 比較 【費用,口コミ・評判】

また、「通勤講座」については、以下の記事であつかっています。

【2014年版】 中小企業診断士 通勤講座 【特色,口コミ・評判】


【関連記事】

【2015年版】ゼロからわかる中小企業診断士(資格,試験,勉強法)
【2015年版】 中小企業診断士試験 【申し込み・試験日程】